FX MT4 インジケーター バイナリーオプション 初心者 投資

MT4とは?どうやって使うの?ダウンロードからログインまで解説!! 

更新日:

XM公式ホームページ≫

今回はMT4の使い方についてです。
多くの為替投資家にはなじみのある取引プラットフォームでしょう。なんてったって世界で一番利用されている取引ソフトと言われてますからね。
もちろん取引にあたって必須というわけではないですが、使いこなせればトレードの幅が一気に広がります。

最初は小難しいイメージがあるかもしれませんが使っていきながら徐々に覚えていくことをお勧めします。

難しいというと二つの意味がありますよね。一つはわかりづらくて使いにくいという意味。もう一つは機能が多すぎて使いにくいという意味。
MT4は後者です。これは裏を返せば使いこなせれば非常に便利だということです。
スマホを始めて触った時のことを思い出してみましょう。最初は見慣れぬアイコンが並んでいて戸惑いましたよね?でも必要に応じて勉強していけば意外とすんなり理解できるものです。
MT4もその感覚に似ています。
ぜひ今回の記事をきっかけにチャレンジしてみてください。

ついでに言えば、バイナリーの取引にチャート分析のためにMT4を使いたいと考えている方!!
やることはすごく単純、しかも簡単!絶対にお勧めします!!FXの取引をしようとするとちょっと操作が増えますがバイナリーのためのチャート分析だけに使用するのであればこれ以上に便利なチャートソフトはありません。

なぜMT4の使用をおすすめするのか

証券会社はたくさんあります。そしてそれぞれがチャートやプラットフォームを独自に用意しています。
しかしMT4をしのぐ機能をもったプラットフォームはいまだに登場していません。とにかく機能の拡張性や応用の幅が段違いなのです。
では他のチャートとの違い、そしてどのような点が優秀なのか説明していきます。

 

4大おすすめポイント

①テクニカルツールの種類が無限大

他社のものだと、初めから搭載されているインジケータのみしか使えませんがMT4だとオリジナルのインジケータを作成・使用
することが可能です。世界中の人たちがオリジナルのインジケータ作成に取り組んでおり、毎日のように新たなインジケータが誕生しているのです。一般公開されているツールもたくさんあり選択肢の多さはまさに無限大です。
「こんなインジケータが欲しい」と思った時にネットで検索するとかなりの確率でお望みのインジケータをゲットすることができます。
どうしても欲しいインジケータが見つからない場合は、※「自分で作る」ということもできてしまうのです。

※インジケータを自分で作るにはmqlといわれるプログラミング言語の習得が必要です。←ややハードルが高い勉強になります。時間と努力が必要です。

②アラート機能やメール機能が使える

→たとえば、この価格に到達したら「音が鳴る」とか、「メールに通知が来る」といった通知機能の使用が可能です。
そのほかにもRSIが75以上になったら通知するといったことも可能になります。これは非常に便利な機能です。
私のようにチャートに張り付く時間がない方にはうってつけです。他にも「ボリンジャーバンドにタッチでアラート」なんてこともできてしまいます。

③EA(エキスパートアドバイザー)が使える

EAとはFX自動売買ソフトのことです。インジケータ同様に世界中で開発されている自動売買ソフトを利用して取引を行うことができます。
自動売買は各社が提供していますが、MT4のEAはそのカスタマイズ性や自由度が頭一つ抜けています。
ありとあらゆる売買ロジックを形にして自動売買として運用することが可能です。

ちなみにこの機能はバイナリーでは活用できません…汗

④無料!!!!! 当然ですね。

このように、カスタマイズ性の高さや自由度の高さが大きな特徴になっています。
こうした点から中~上級者向けと思われがちですが、実際には初心者のうちに早くから慣れておいたほうが絶対お得です。
他のチャートソフトを使いながら「ここをこんなふうにできたらなぁ」なんて思っていることがMT4ではあっさりできてしまうなんてことがたくさんあります。
迷っている前に早くMT4を触ってみたほうが断然成長スピードは早くなると思います!

そもそもバイナリートレーダーとしてチャート分析に使用するだけなら複雑な売買の設定などする必要もなくチャートやインジケータの使い方だけ覚えてしまえば済みます。

将来的にFXでの資産運用も考えているのであればMT4は必須ですからなおさらMT4に早くから慣れておく必要がありそうですね。

早速MT4をダウンロードしてみましょう

MT4を早速ダウンロードしてみましょう。なお、MT4の使用には口座の開設が必要になります。本口座を開設しても良いですがデモ口座で可能なので
まずはデモ口座の開設から始めましょう。もちろんデモ口座の開設は無料です。
日本の会社でMT4が使えるところが非常に少ないため海外で信頼性の高いXM社を推奨させていただきます。

XM社のホームページから登録するのが手っ取り早いのでそこから説明していきます。
(説明に使う画像はPCで登録を行うときのものです。スマホやタブレットからの登録だと多少画面が違ってきます。)

 

手順①公式サイトはこちらにアクセス。
まずは画像の「デモ口座開設」をクリックします。

 

手順②写真のようにデモ口座登録画面がでてくるので空欄を埋めていきましょう。

個人情報に関してはメールアドレスのところは必ず間違いなく打ち込んでください。
他の部分に関してはまったくデタラメでも登録できてしまいますが。。。

メールアドレスは後で必要になるため正確に記入しましょう。

また、入力に関しては英語のアルファベットしか使えませんのでご注意を。

その他の項目↓

取引プラットフォームタイプ……MT4(FXならびに株価指数、金属、エネルギーのCFD商品) を選択してください。
口座タイプ……なんでもokです
口座の基本通貨……JPYです
レバレッジ……なんでもokです
投資額……なんでもokです

最後に好きなパスワードを打ち込んで「デモ口座開設」をクリックしましょう。

手順③ 次にこのような画面がでてきます。画面の指示に従い先ほど入力したメールアドレス
をチェックしましょう。

 

手順④ XMからメールを確認すると(下の画像を参照してください)サーバー情報とIDが記載されているのでこれを控えておきましょう。
「次にXM取引プラットフォームをダウンロードする。」をクリックしてダウンロード画面にすすみます。

 

手順⑤ 画像で示すようにPC対応MT4をクリックします。

 

手順⑥ このような画面になりますのでダウンロードをクリックします。

 

手順⑦ MT4のインストーラーが保存されるので実行します。

これでひとまずMT4のダウンロードは完了です。画面にショートカットが作成されているのが確認できるはずです。
ショートカットアイコンをクリックするとMT4が開かれます。

引き続きログイン作業に入りましょう。

手順① 最初は図の右下のように回線不通!と表示されます。ログインできていない状態だとこれが表示されます。そしてログインするまでチャートは動きません。
左上のファイル→取引口座にログインとクリックし、必要事項を入力します。

手順② 画像のようにIDとパスワードを入力、そしてサーバーを選択します。IDとサーバーはデモ口座開設時にXMから送られてきたメールに記載されています。

手順③ ログインをクリックし、正しく完了すると、画像右下のように「回線不通!」の部分に数字が表示されて動き始めます。

さぁ以上でMT4の準備は完了です。
あとはチャートを表示したり各種設定を行ていくことになります。基本的な操作が身に付いたらインジケータを組み込んだりして自分だけの取引環境を作っていきましょう。

操作方法についてはそれぞれ以下の記事を参考にしてください。

-FX, MT4, インジケーター, バイナリーオプション, 初心者, 投資

Copyright© Dr.バイナリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.