インジケーター バイナリーオプション 初心者 投資

インジ・ツール依存症のお話 厳しめ注意

投稿日:

Japanese all-rounder

 

インジケータとのお付き合い

突然ですが皆さんはなにを根拠にエントリーされていますか?
きっと多くの方がインジケータやツールを根拠に使用されていると思います。
全く使わないという方も中にはいらっしゃるでしょう。しかしほとんどの方はトレードのお供にインジケータを使用していると思います。
最近では各社のあらゆるトレードプラットフォームにおいて、多種多様なインジケータが使用できるようになっています。

ただインジケータも使い方やその意味を理解していないとインジケータの動きや数字に踊らされて、大切な相場の本質を見失ってしまうことがあります。
「この数値がこれで、こっちがこの形で、こっちはこの数値を上回っている!よし!エントリー!」みたいなトレードですね。
これでは残念ながら勝てません。
初心者のハマりがちな落とし穴です。

また探せばインジケータなんてごまんとあります。だから
「どこかに自分に一番合っているインジケータがある!」
だとか
「もっと勝率が上がるインジケータがある!」
なんてことを考えてしまいます。
この状態に陥るとなかなか抜け出せない負のスパイラルにはまってしまうことになります。
負けてはインジを変え、また変えて…と際限なくインジ探しを続けることになってしまいます。
しまいにはパラメ-タをいじくりだして…期間14にしたり20にしたり21にしてみたり…。
なんてことやりだしたらもうキリがありません。

でもこれ、身に覚えありませんか?
一度は誰しも通る道なんじゃないかと思います。もちろんかつての自分も例外ではありません笑
ある意味で成長途上のトレーダーが必ずぶつかる通過儀礼のようなものなのかも?
しかし、ここでつまずくとなかなか前に進めなくなってしまうから困る。
最適解を探し求めて叶わず志半ばで挫折してしまう人もたくさんいたはずです。
私も一番心が折れそうになったのがこの段階でした。

ツールを使うなとは言いませんが、ツールに正解を求めても頼りすぎてもダメということですね。
これに納得できないと、必ず挫折します。ぶっちゃけていえばツールやインジに絶対の正解なんてないわけですから。

 

インジケータに唯一絶対の正解はない

私も勝てるインジケータを探し求める日々が続いていた時期がありました。
そんななかある気付きを得たことを覚えています。いろいろな勝っている人のチャートを見てみると見事なまでに使っているインジケータがバラバラだったんです。
結局インジケータ選びに唯一の正解なんてなくて、所詮トレードのお供にすぎないってことを思い知らされました。

でもこれって自分にとっては結構ショックな出来事だったわけで…。
その時はいつか本物のツールやインジケータに出会えるだろうと思ってましたから笑
今思えば浅はかだったなと思います。ツールに勝たせてもらえるなんてのは現実的に個人投資家レベルでは到底不可能でしょう。
たくさんのお金を持った専門家たちが最新のAIをバリバリ稼働させて取引している時代ですもん。そりゃそこらへんに転がってるインジのサインに従って勝てるわけないです。

とまぁ、そんな経験をして「相場観」だったり「値動き」など「相場の本質」勉強していくことが必要だと思って修行することになったのです。

 

インジケータは添えるだけ

インジケータやツールにはそれぞれ得意な相場があります。
レンジで本領を発揮するものもあれば、トレンドで真価をみせるものもあります。

道具の使い方を間違えてはいけません。道具の間違った使用は思わぬケガを招きます。ふさわしい時にふさわしい道具を使うべきってことですね。

究極のところ、相場で勝ち続けるためには

「最適な資金管理」「分析を背景とした裁量」「それらを実現するメンタル」

これらが必要になってきます。

ツールもインジもせいぜいこれらの手助け程度にしかならないと知ってください。

 

どうしてもインジケータ依存から抜け出せない方へ

なぜ私たちはインジケータばかりを見てしまうのでしょうか。
どうしてツール依存と負けのループから未だに抜け出せないのでしょうか。

なぜ自分の目で相場を見て分析を行い、裁量をこなしつつ勝ちを重ねていくことができずにいるのでしょうか。

私なりの考えをお話しします。

というか、むしろここからが本題です。

以下はかなり厳しい内容を含みます。覚悟して読んでください。
商材屋さんではないので、甘いことは言わずシビアな現実をお伝えするつもりです。

インジケータ依存に陥る最も大きな原因。厳しくいえばそれは甘えによるのではないでしょうか。
私自身の経験に基づいて語るならこれにつきると思います。

インジケータの数字や、ツールの矢印に従うというトレードスタイルってとてもなんですよね。
なぜってそこには自分の意思や決断が介在していないからです。
決断というプロセスは私たちにとって非常にストレスフルな精神活動ですよね。
それを省いてくれるのがツールの矢印なのです。

ツールは本来エントリーごとに毎度訪れるはずの「いくか」、「いかないか」の判断を機械的な単純作業に落とし込んでくれます。
そこには妙な安心感というか、「負けても自分のせいでなくツールのせいだ」と感じさせてくれる、そんな甘い誘惑があります。
ツールを使う時に必要な判断なんて、せいぜい「このツールを信じて使うか使わないか」そんなところだけでしょう。

それがいわゆる「裁量」でエントリーをした場合、負けの責任はすべて自分で被ることになります。
まさに自己責任の世界。

負けた時にすべての原因を自分自身に帰結しなければいけなくなってしまうわけですから、その負担はかなり大きいものです。

自分の下手くそさや、力量不足と正面から向き合わなければいけなくなってしまうんです。「なんでここでエントリーしちゃったんだ俺は…」ってな具合に。

ですから裁量エントリーの判断には必死になりますよね。この時に消費する精神的なエネルギーはツール頼みのエントリーの比ではありません。

そしてそれだけ必死に分析しても負ける時があるのが相場なんです。

必死にやったのに負けた。こんな経験をすると、恐怖感や不安がどんどん大きくなってきます。自信も失うでしょう。

「あれだけ一生懸命やったのにダメだった」、「本当は勝てないのかもしれない」、「自分はダメだ」

するとみんな自分自身を守るために、精神的に消耗しないような投資行動を求めるようになってきます。

こうしてツール依存状態が完成していくのです。

 

ツールで負けてもツールの責任ですから。
本来投資で負けて生じるはずの「自分を責める気持ち」ってやつが、ツール自体やツール販売者に対しての怒りに見事に転換されてしまうのです。
人のせいにすれば楽ですからね。「自分のせいじゃない」そう思えば救われます。
しかしそこに謙虚な反省や学びは一つもありません。

この段階にいるといつまでたっても勝ち組にはなれません。
一時的に勝てるツールでもすぐに使えなくなる相場がやってきますから。
少し負けが続くとすぐに投げ出したり、資金管理が壊れだしたりともう散々…。反省と勉強を怠っていたわけですからなんで負けてるのかもわかりません。
これでトレード継続できるはずもなく、ゴミツール認定してポイ。また新たなツール探しの始まりです。

結局、トータルで勝つためには自分の裁量力や相場観を磨き上げ、臨機応変に対応できる投資家に成長するしか道はないのです。

そして失敗や負けはそのために必要な投資なんです。

でも初心者のうちに、何度となく訪れる負けの恐怖に打ち勝ちながら、自信を保ちつつ、負けを呑む辛さを乗り越えて勝ち進むことはやはり相当に困難といわざるをえません。

「プライドを守りたい」「負けを認めたくない」「不安から逃れたい」

 

このような人間として当然の心理のメカニズムに対して逆らいながら戦い続けなければいけないからです。
これが初めからできる人はごく少数で、そんな人がいたらむしろある意味で常軌を逸していると思います。

本来自分のエントリーに自信を持てる人なんて少数ですし私もいまだに自信満々のトレードなんて一つもありません。
かくいう自分も、長期間の試行錯誤の末、損益分岐点を超える裁量を身につけたことをなんとか信じ続けてエントリーを重ねているのです。
そこには決して確信めいた勝利への自信などは存在せず、常に不安は尽きません。

ただその常軌を逸した覚悟と行動の先にあるのが投資家としての成功だと思います。

この状態にいたるまで、投資ド素人で凡人の自分には相当な苦労の道がありました。
自分の気持ちの弱さと甘えに何度も苦しみました。それは今も変わらないはずです。少しだけ慣れただけです。

初心者の方や、ツール依存に苦しんでいる方は今一度見つめなおしてみてください。

口先だけの自己責任になっていないかどうか。

投資は自分の判断で行うものです。判断の誤りのツケを払うのも自分です。そこで学んでまた成長していけば良いんです。

その覚悟の上にたってチャートと向き合うことで初めて勝ち組への第一歩を踏み出せるのです。

長くなりましたが、インジケータやツールの存在感がトレードの大部分を占めている状態ではいけないということです。

必ず最終的には自分の判断(裁量)によって投資行動をおこすようにしましょう。

そんなお話でした。

結論:インジケータは好きなものを使おう。
ただし使い方を間違えないこと。そして最終的な判断は自分自身で下すこと。

 

 

Japanese all-rounder

-インジケーター, バイナリーオプション, 初心者, 投資

Copyright© Dr.バイナリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.